イチ主婦の小声のつぶやき

2歳の娘の母です。婚活、結婚、妊活、切迫早産、産後、息抜きなど、ゆるっと書いていきたいと思います。

断乳について 決意するまで

 

 

 

 

 

私と娘の断乳についてです。

 

自分が経験するまで分かりませんでしたが、

卒乳・断乳って母子にとって一大イベントですね。

なかなか身も心も大変でした。

 

 

決意から断乳後まで行くとかなり長くなります、

もしよろしければお付き合いください。

 

 

私は娘が2歳2ヶ月の時に決行しました。

 

 

 

断乳を決めたきっかけは

もうさんざん吸ってもらったから、

私自身の悔いはない!!!

 

と、

 

もういいかげん、眠い!!!!!です。

 

完全に私のタイミング…

 

娘はむしろおっぱいへの執着が出ているように見えました。

(断乳前の授乳回数は1日8回以上、

夜は2・3回授乳で起きていました)

 

朝おはようの乳

朝食後の乳

昼寝前の寝かしつけの乳

昼寝からおはようの乳

風呂上りの乳

夜寝かしつけの乳

寝ぼけの乳×2 

 

という感じで、よく吸っていました。

母乳の出も落ちず、むしろピークなのではと

思うほど。

 

運動後にポカリを飲むかのように

喉を鳴らしていらっしゃいました。

 

 

寝かしつけにおっぱいを使っていたので寝せるのは楽で。

夜中起きても乳を吸えばすぐ寝たので。

この武器が無くなるの、怖すぎる!!!

と思っていました。

 

 

 

おっぱい卒業の理想は形はあったのですが…

 

理想は、だんだんご飯を食べ出して

母乳を飲まなくなって、自然と卒乳…

 

ってそれはもう夢のまた夢………

 

 

当時の娘は食が細く、色んな断乳体験談を見ていると

母乳を飲んでいた分ご飯を食べるようになる子と、

母乳を飲んでいた分はただマイナスになって食生活は変わらない子がいるそうで。

 

後者のパターンが怖くてなかなか断乳の決断が出来ませんでした。

 

 

また、こんなにおっぱいが好きそうで

取り上げるのが胸が痛いというのも正直ありました。

 

 

でも待っていても卒乳の状況にはならず…

 

 

 

おっぱいくれと要求されても

あげなければ良いのにとも周りに言われましたが、

甘いかもしれませんがその戦法だととにかくしんどくて、

その時の私には出来ませんでした。

 

 

卒乳、断乳に関する講座にも出てみたり。

 

↑の講座では

母乳はいつまで飲ませてもいいと言う考えを推奨している所だったようで、

おっぱい卒業のタイミングをはかっていた私にはあまり参考になりませんでした。

 

 

 

育児支援センターの方に相談したら、

長くお出かけすれば良いと言われ。

 

いつも長くお出かけした時は、朝と出かけに2回吸ったあと、

次は夕方家に帰ってから吸ったりしてたのですが。

 

お出かけしない日には元のサイクルに戻る

ので、

おっぱいの調子が悪くなるだけという悪循環。

 

あとから思えば、

乳首や乳房、子供の状態が自分と同じ人はなかなか居なくて、

同じような経験をされた方でも環境が違ったりと。

友達や親、プロの方に聞いたり、

ネット検索でもとても参考にはなるけど答えは出ず。

 

 

噂に聞く子育てに正解は無いってやつか…

これが子育てで色々辛い面だなとしみじみ思いつつ…

 

 

 

もう自分で決断するしかない

これは卒乳を待つのではなく

もう断乳だなと。

体力の限界…

とにかくゆっくり寝たいし、

娘にもご飯をもう少し食べるようになって欲しい!!!

 

 

色々作戦を立てましたが

桶谷式は卒乳ではなく断乳を推奨しているので、お世話になりました。

 

 

その後実は2度、娘に断乳を匂わせている段階で失敗しているのですが。

 

断乳に成功したのは3度目でした。

 

 

失敗1度目は、断乳予定日前に北海道胆振東部地震が起こってしまったので、

水や食料の備蓄が必要になってしまい。

こんな時に、子供にとって貴重な栄養と安心材料を奪うのはどうかと思い中止。

 

 

2度目は、言い聞かせ途中で親子で風邪を引いてしまい断念…

(断乳予定日だった日に、二人共復活して悔しいやつ)

 

 

 

1度目の時(1歳9ヶ月)には断乳をする前におっぱいの調子も悪かったので、

たまにお世話になっていた桶谷のA先生に断乳についての相談ついでがてら、

断乳予定日から2週間と3日前くらいに受診。

(ただ相談に行くにはもったいないのでついでに…)

 

2度目の時(2歳)には初めてお世話になるB先生の所へ。

相談がてら断乳1週間前に行きました。

 

 

結局二人の桶谷式の先生にお世話になりましたが、当たり前かもしれませんが

断乳の方法も色んな考えややり方でびっくりしました!

(桶谷式の方は、同じやり方や考えでやってらっしゃるのかと思っていました)

 

 

 

 

桶谷式で私が聞いた受診のタイミングは

断乳3日後

その1週間後

3週間後

あとはおっぱいの様子を見てもう1回1ヶ月後に行く人もいれば行かない人も居ると。

 

 

どうやら断乳で1番辛いピークは断乳3日目かなと思い、

断乳の日程は夫が3連休を取れる日をぶつけていました。

(これは本当にそうして良かったと思ってます)

 

 

 

断乳に失敗してからは、またすぐ断乳を決行すると娘は混乱するかなと思い、

期間をあけていました。

 

2歳2ヶ月になって、最後は割と弾丸で日程を決めました。(夫の仕事の都合と、3連休の兼ね合いで)

 

 

私はなんとなく1度目に行ったA先生の所ではなく、2度目に行ったB先生にお願いしようと思っていましたが、

 

A先生の所しか断乳3日後は営業していなくて。B先生には1週間後の時にお願いしようと思い、それぞれ予約を入れました。

 

A先生は、断乳の注意事項を改めて確認してくれて、じゃあ断乳3日後に来てくださいとのこと。

 

 

 

断乳前日にB先生にも断乳1週間後の予約の連絡をしたら、

断乳前にA先生に施術はしてもらったのか聞かれ、特に言われなかったと言うと

今日来れる⁉とおっしゃっていただき。

 

営業時間は過ぎていましたが、

断乳時にトラブルが起きないように施術してくれました。

 

あと、断乳にあたってやり方の再確認や

気持ちの面の整理もしていただき。

 

不安や疑問もまだあったんだなと、自分も気が付いていなかった気持ちも聞いてくれたり、本当に診てもらえて有難かったです。

 

娘も連れて行って、明日からおっぱいやめるぞ!と先生からお話をしてもらい。

 

娘にはこいつら本気だなと伝われば良いなと思いました。

体調も万全。やるしかない。

 

娘の好きなイチゴやお菓子、非常食用のすぐあげられるパンなど購入し、戦いに臨みました。

 

長くなるので、続きはまた。